自動車保険を滞納してる場合の解決策マニュアル

理由は様々ですが、車を運転する人にとって、重要な自動車保険の支払いを滞納してしまうことは十分に考えられます。例えば収入が減って支払いが困難になった、お金を払い忘れた、趣味や突然の出費で支払うお金がなくなったなどです。

 

自動車保険の支払いは非常に厳しいものとなっていて、1ヶ月の滞納だけで損保会社からすぐに忠告の連絡が入ります。手元に支払うだけの現金があって払うことができれば問題ありませんが、放置すると2ヶ月後には前月分とまとめて請求され、この請求の期限を越えてそのままにしておくと1年分の保険料を一括請求されてしまいます。

 

また、保険の契約を強制的に解除され、これまで積み上げてきた等級も引き継ぐことが出来なくなるので、必ず支払いを済ませるようにしましょう。

 

どうしても支払えない場合の解決策として、とにかくお金を作るために、親や友人からお金を借りるという方法もあります。ただし、例え気安い仲であってもお金の貸し借りは人間関係を崩壊させてしまうおそれもあるので、十分に注意しなくてはいけません。

 

多少の出費に問題がないというのであれば、利息がつきますが銀行や消費者金融で用意されているカードローンからの借入という方法もあります。こちらは特に人間関係に影響を与えることはないので、返済の目処さえあれば利用しない手はないでしょう。

 

次の給料日には返済できるというのであれば、初回時に無利息で借りられる期間が用意されているところもあるので、これを利用すれば余計な出費もなく支払うことが可能です。契約も即日に済ませることができるので、本当にぎりぎりの状態になってからでも間に合わせることができます。

 

自動車保険は1度滞納しただけなら、翌月までに支払えば問題にはなりませんが、これを2度行うと強制的に一括請求がされ、そのまま解約まで進んでしまうこともあります。収入が安定せずに支払いが難しいと思ったら、身内やカードローンの支払いをすると同時に保険料の見直しも検討する必要があります。