自賠責保険と任意保険の違いを詳しく解説

車を運転する場合に、自賠責保険は強制加入なので、これは誰しもが加入しますが、その他に任意保険という仕組みがあります。自賠責保険では賄い切れない賠償ということがあり、絶対ではないにしても、万が一に備えて加入しておく必要があります。

 

事故が起きてしまったとき、加害者が補償することになりますが、被害者を救済する最低限のためとなっているのが自賠責で、範囲が決まっています。

 

怪我などの治療費などの諸費用は120万円、怪我などによる労働能力低下から来る損害や精神的苦痛に対する補償で4000万円、死亡による損害は、逸失利益、葬儀費、慰謝料ですが、3000万円となっています。

 

これらの限度額を超えた損害額は、全て加害者の自己負担となるというわけです。事故が一度起こったしまった場合は、これらだけでは済まないことも多いので、任意に加入する保険でカバーしておかなくてはなりません。

 

そして、任意保険は、相手方の身体に関することだけでなく、自分や搭乗者の身体、車両、品物など広い範囲が対象となっています。対人賠償ということで、他人を死傷させてしまったときに自賠責での支払い部分を超える保険金の支払い、対物賠償ということで、他人の車、家屋、品物、ガードレール、信号機、電柱、お店なども補償の対象となっています。人身傷害を対するものもあり、搭乗者に関する補償もあります。

 

また、車両そのものが破損したときの補償や相手が無保険状態で十分な補償を得られないときの補償も保険でつけることができます。任意ですので、項目とか対象金額は選んで設定することとなります。

 

気を付けなければならないことは、保険料の滞納です。自賠責の場合は、車検にときに納めるので、滞納という問題は発生しがたいのですが、任意の場合は支払の仕方によっては起こりがちです。2か月滞納すると、3か月分の保険料を一括請求され、支払えないと解除になりますし、解除になっても保険料は請求され続けます。そして、その後、等級引継ぎなどのメリットが消えてしまうのです。

 

自動車を運転する以上は、自賠責と任意という両方の自動車保険に加入し、保険料をきちんと納めることが必須条件なのです。