2ヶ月の期間内に手を打て!自動車保険の滞納

自動車保険,滞納

現在の日本ではビジネスではもちろんのこと、家事や余暇の活動においても、移動手段として自動車が便利に用いられています。

 

自動車のオーナーになると管理のためのさまざまな責任が生じますが、その一つが自動車保険の加入です。

 

自動車保険は大きく分けて2種類あります。一つ目は自動車損害賠償責任保険として強制加入が義務づけられていて、一般に自賠責保険と呼ばれます。ですがこれだけでは保障が十分とはいえないため、任意保険と呼ばれる自動車保険に加入するのが望ましいとされています。

 

 

任意保険は年齢や事故歴や保障の内容によって、保険料やプランがさまざまです。任意保険に加入している場合に必ず注意したい点は、滞納しないということです。

 

もし保険会社からの忠告を2ヶ月無視してしまうと、三ヶ月分の保険料が一括請求されます

 

そしてこの三ヶ月分の保険料の支払いも行わないと、今度は契約解除の扱いになってしまいます。契約解除になったからといって支払いの義務がなくなるわけではありません。

 

またもうひとつ重要な点として、保険料の滞納期間に事故を起こした場合は、無責期間になり保険の適用外になってしまうことがあります。そのようなことにならないよう保険料の支払いは、遅くとも2ヶ月以内に行うことが大切です。

自動車保険の滞納による強制解約のデメリット

自動車保険は等級ごとに細かく分類されているため、強制解約に伴うデメリットを知っておくことが重要です。

 

お金を借りている場合

もし金融会社から融資してもらっている状態であれば、滞納が今後の印象に深く関与していき、次回以降のローンの組み立てが難しくなるケースも出ます。影響を最小限にするために、信用されるべき情報をきちんと確認する方法が不可欠となってきます。

 

滞納データは5年残る

滞納に関するデータは自動車保険の会社側で5年保管され、何かしらの契約時に審査がある場合はこういった情報が結果を大きく左右していきます。

 

有職者が納税すべき状況に似たケースを見ていけば、適切な支払いがどのようなシステムになっているかがしっかり判明します。信用情報に関する詳細をきちんとクリアしていければ、自動車保険に伴うローンの延滞分を払う方向が見えてきます。

 

クレジットカードへの影響

クレジットカードで普段支払いをしている方は、強制解約になる前に一度会社へアプローチを行う姿勢が不可欠です。

 

支払えるべき時に現金であっても、確実に出すことがより質の高い信用を受け取る状況へつながっていきます。

 

これらのように強制解約に該当すれば、克服するのに時間を要するため、経験談を参考にして賢明な行動に努めることが重要となります。そのため、自動車保険の基礎的な内容を知っておくことも必要です。

取り返しがきかない2度目の自動車保険の滞納事情

自動車保険,滞納

自動車保険の滞納は誰しもあり得ることで、口座引き落としをしていてもお金を預けるのを忘れていた、コンビニ支払いに行くのを忘れていたということも考えられます。

 

こうした自動車保険の滞納をすると、まず数日で損保会社から連絡が入り、翌月には2ヶ月目の料金と同時請求が行われます。これをさらに無視すると、一括請求が求められ期限内に支払われなければ強制的に解約をされてしまいます。

 

ちなみにこの時点での一括請求とは滞納した2ヶ月分だけでなく本来なら支払うはずだった、1年分の料金を丸々支払うという意味です。自動車保険は基本的に1年分を支払う必要があり、通常はこれを分割して支払っている状態です

 

そのため、滞納すれば保険契約期間分の料金を支払うことになるのです。強制解約がされる前に一括請求に応じてお金を支払えば問題はありませんが、最初の2ヶ月分の同時請求でお金を払い、さらに同年に2回目の再滞納をすると、今度は同時請求ではなく一足跳びに一括請求をされてしまうので注意しなくてはいけません。

 

最初の支払いで忘れていた程度なら問題ないですが、収入が不足して支払えないという状況であれば、保険料の見直しも検討しておくことが大切です。

自動車保険の滞納を防ぐための支払い方法アレコレ

ついつい忘れてしまうのが自動車保険の支払いであり、気付いた時には滞納状態になっていたということがあります。そうならないために、いくつかの支払い方法を事前に把握しておき、自分に合った支払い方法を見つけた上で支払いをしていくことが求められます。

 

クレジットカード

一番確実なのがクレジットカードです。クレジットカードであれば、決まったタイミングで勝手に支払いをしてくれるため、うっかり者でも基本的に支払いを滞納してしまうことは無くなるでしょう。

 

また、ポイントなどもつくことから他のものとセットに支払いをすることでポイントがたまり、商品券などに交換することができるようになります。

 

引き落とし

クレジットカードを持っていないという人でも銀行の口座引き落としがあります。これを使用することでうっかりしていても勝手に引き落としてくれるため安心です。

 

引き落としを給与振込口座と同じにしておくことで、ついついお金を振り込んでおくのを忘れていた、入金していなかったということを避けることができます。

 

コンビニ払い

自分のタイミングで払いたいという人はコンビニで払うことをおすすめします。指定されたコンビニであればどこでも払うことができる気軽さがよく、仕事帰りなど、深夜でも払うことができるため安心です。

滞納しないための自動車保険の見直しのススメ

自動車保険,滞納

自動車保険の見直しは滞納をしないという意味でもお薦めです。見直しをすれば当然保険の滞納ということにも気づくでしょうから、滞納の可能性も減らすことにつながります。

 

今はネットで一括見積もりをすることも出来ますから、このような便利な機能を使って自分に合った保険を選ぶのがいいでしょう。保険料を安くしたり、同じ保険料でも補償を充実させたりすることも可能です。

 

何より保険について考えることになるので、車の使い方から今のお金の使い方まで考えるようになってきます。保険を考えるということは、そういうことになっていくわけです。

 

また、滞納を防ぐことにも繋がりますので、保険に無駄な費用と時間をかけないことにもつながります。一度滞納となって保険が失効してしまうと保険に入り直す手間だけでなく、車がつかえないことによる損失も考えないといけません。

 

車を売却したりしない限り保険はそれまでと同じように必要になるでしょうから、自分に合った保険をちゃんと探すという意味においても自動車保険を見直すということは意義のあることです。

 

また、保険を考えることで車を雑に扱うようなことも控えるようになるでしょう。安全運転という視点からも大切です。

自動車保険を解約した時の注意点

運転する頻度によって、自動車保険の契約年数の更新時期を変えることができます。廃車を決意して解約を検討するならば、注意点となる箇所を中心に一読することが必要となってきます。

 

等級別にわかりやすく明記されたパンフレットを見れば、7日以内にアクションを起こしていくほうがメリットが多いことが判明します。解約は基本的に月割で算出されるため、保険料を少しでも節約したい場合は有利な条件を優先させる意識が必要となってきます。

 

返金に伴うタイミングをきちんとクリアすることで、保険会社へこちらの旨がしっかりと伝わるようになるからです。自動車保険のプランごとに特徴がみられることから、今すべき事柄をリストアップしておくことが重要です。

 

中断する場合に関しては現状の等級を引き継ぐ手続きを行えば、再び加入するときにスムーズなやりとりができます。任意保険へ関心を高めていくことで、豊富な自動車保険から理想的なプランを選べるようになってきます。

 

発行に伴う手続きは書面で行われる場合が多く、注意点になる内容を把握する点も本人には必要です。運転免許証など証明できる内容を持参して、充実したカーライフを過ごしていくことが重要になってきます。